実践!ハンドピュレナの使い方と実感アップのコツを詳しく紹介!

 

 

ここでは、ハンドピュレナ正しい使い方と、より実感すための使い方のコツや注意点を紹介します。

 

間違った使い方をしてしまうと、実感するまでにより時間がかかってしまいますので、参考にしてみてください。

 

 

使用回数と使うタイミング!

 

ハンドピュレナを1日に使う回数と使うタイミングは・・・

 

 

●1日2回、寝る前と日中の都合のよいタイミングです!

 

 

寝る前に使うことが大切な理由は、就寝中は、肌が整う「シンデレラタイム」と言われている時間帯なんです。

 

このシンデレラタイムに、手の肌にしっかりと美容成分を補うことで、より実感しやすくなるんですね。

 

 

また、日中に使うタイミングですが、ハンドピュレナを使った後に、水を使う家事などをしないタイミングがベストです。

 

ハンドピュレナを使って、すぐに手を濡らしてしまうと、せっかくの美容成分が流れてしまいます。

 

ですので、日中に使うタイミングとしては「成分を長く肌に保つことができるタイミング」に使うといいですよ。

 

 

●1日2回使うその理由とは?

 

ハンドピュレナは、発売する前に、第三者機関(外部機関)の強力により、モニター調査が実施されています。

 

そして、本当に実感できるのかという点について「評価試験済み」なんです!

 

試験の方法は、1日2回、朝晩に適量を使うというものなんです。

 

ですので、ハンドピュレナは1日2回使用することが大切ということなんですね。

 

 

【実感ポイント!】
ハンドピュレナのクリームには、小さな粒が含まれています。
この粒は「ビタミンE誘導体(トコフェロール・保湿成分)配合のカプセルなんです。

 

ビタミンEは、不安定なので、水に溶かすことで安定しにくいという特長があります。
ですので、カプセル状にして配合されているんですね。

 

これも、ハンドピュレナの実感のこだわりの1つなんです!

 

 

動画あり!ハンドピュレナで実感するための使い方とコツ!

 

ハンドピュレナを使うときに、より実感するための使い方とコツ、注意点を紹介します!

 

動画での使い方の説明と実感のためのコツもありますので、見てみて下さいね。

 

 

●実感のコツ@〜乾いた手にパール大を、温めながら使う

 

ハンドピュレナを使うとき、手が塗れたままで使ってしまうのは良くありません。

 

水分とクリームが混ざってしまうため、ハンドピュレナの本来の力が発揮できなくなってしまします。

 

ですので「必ず乾いた手に使う」ようにしてください。

 

 

 

【使い方の手順@】

 

ベストな量は「両手でパール大(直径1cm)」です。

 

1度に沢山の量を使うことで、より実感できるというわけではありませんので、まずは使用量を守って使って下さい。

 

 

 

【使い方の手順A】

 

左右の手の甲を併せて、クリームをのばしていきます。

 

手の甲の全体に広げて下さい。

 

 

 

【使い方の手順B】

 

最後に、手のひらでやさしく包むようにして、温めながら全体にハンドピュレナをなじませます。

 

「温める」というのが重要なポイント!

 

温めると、より美容成分の浸透がアップしますよ。

 

 

●実感のコツA〜ハンドマッサージをしよう!

 

ハンドピュレナの基本的な使い方とコツは上記に紹介しました。

 

ただ、ここでさらに実感のためのテクニックです!

 

ハンドピュレナを使った後の「ハンドマッサージ」をすることで、美容成分をしっかりと浸透させて、さらに手の巡りを整えることができるので、おすすめですよ。

 

 

 

【ハンドマッサージ手順@】

 

手の甲を軽く押さえて、親指で3回ぐらい円を描くように全体をやさしくマッサージします。

 

 

 

【ハンドマッサージ手順A】

 

指の付け根の部分(指と指の間)を、親指と人差し指ではさんで2回づつスライドさせるようにやさしくマッサージしてください。

 

親指から小指の順番で行ないます。

 

 

 

【ハンドマッサージ手順B】

 

最後に、指を1本づつマッサージしていきます。

 

上下左右に交互にはさみながら、2回ずつなぞるようにスライドさせながらやさしくマッサージしてください。

 

 

 

 

上記の手順@〜Bを、反対の手も同じように行なって下さい。

 

 

※下の動画は音声が出ます。音量にご注意ください。

 

※1日2回のマッサージが難しい場合は?

 

基本的な使い方に加えて、上記のマッサージを行なうのがベストです。

 

ただ、マッサージが毎回時間がなくてできないという方は、1日2回のケアのうち、1回だけでも上記のマッサージを行なうようにするといいですよ。

 

また、上記に紹介したコツは、ハンドピュレナに同封されている「使い方 BOOK」にも掲載されていますので、購入した方はそちらを見ながらケアしてみてくださいね。

 

 

こちら⇒まずは実感してみてください!ハンドピュレナ公式

 

 

 

 

肌の代謝を促すためには…。

 

負担の大きいダイエットは栄養の摂取不足につながるので、肌トラブルの原因となります。ダイエットと美肌ケアを両立させたい方は、カロリー制限をやるのではなく、運動をしてシェイプアップするようにしましょう。
額に刻まれてしまったしわは、放っていると留まることなく酷くなり、改善するのが至難の業になります。初期段階から着実にケアをしましょう。
入浴した時にスポンジを使用して肌を力任せにこすると、皮膚膜が薄くなって肌に含まれる水分が失せてしまうのです。入浴した時に肌を洗う際は、乾燥肌になってしまうことがないよう優しく擦るのがおすすめです。
化粧品を使ったスキンケアが過剰になると自らの肌を甘やかし、やがて肌力を弱めてしまう原因になると言われています。美肌を作り上げたいなら簡素なケアが最適なのです。
栄養に長けた食事や質の良い睡眠時間の確保など、日常の生活習慣の見直しを実行することは、とてもコスパが良く、確実に効果を感じることができるスキンケア方法と言われています。
何回もニキビが発生してしまう人は、食事の中身の見直しと共に、専用のスキンケアグッズを用いてケアすることが有用です。
洗顔する時は手軽に使える泡立てネットなどのアイテムを上手に活用して、きちんと洗顔料を泡立て、たっぷりの泡で皮膚をなでるように穏やかに洗うようにしましょう。
しつこい大人ニキビを効率よく治療するには、食事の改善と一緒にたっぷりの睡眠時間をとるようにして、適切な休息をとることが必要不可欠です。
皮膚の代謝を活発化させることは、シミを解消する上での基本中の基本です。毎夜バスタブにゆっくりつかって血の流れを円滑にすることで、皮膚のターンオーバーを活性化させましょう。
若い時には目立たなかった毛穴の黒ずみが目立つようになってきたという時は、肌のたるみが進んできたことの証です。リフトアップマッサージを実施して、たるみの進んだ肌をケアしましょう。
万人用の化粧品を利用すると、皮膚が赤みを帯びてきたりとかヒリヒリと痛んできてしまうのならば、刺激が抑えられた敏感肌用の基礎化粧品を利用するのがおすすめです。
肌の代謝を促すためには、剥がれ落ちずに残った古い角質をしっかり落とすことが重要です。美麗な肌を目指すためにも、的確な洗顔のテクニックを学習しましょう。
皮膚の代謝機能を正常化することができれば、自然にキメが整って透き通るような美肌になることが可能です。目立つ毛穴や黒ずみが気になる場合は、日頃のライフスタイルを見直してみましょう。
ひどい肌荒れに伴って、ヒリヒリとした痛みを覚えたり赤みが現れたという方は、専門機関で治療を施してもらいましょう。敏感肌が悪くなった時は、躊躇することなく専門のクリニックを訪れることが大事です。
アイラインなどのポイントメイクは、ちょっと洗顔をするくらいではきれいに落とすことができません。それゆえ、専用のリムーバーを使用して、入念に落とすのが美肌を作り上げる早道となります。

 

 

黒ずみもなく肌が輝いている人は清潔な雰囲気があるので…。

 

空から降り注ぐ紫外線は肌の弾性を奪い、シミ・しわを作り出す元になってしまうので、それらを阻止してツヤのある肌をキープしていくためにも、日焼け止めを利用すると良いでしょう。
カサつきや黒ずみもない美肌になりたいと願うなら、大きく開いた毛穴をきちんと引き締めなくてはなりません。保湿を優先したスキンケアを念入りに行って、肌をきっちり整えましょう。
黒ずみもなく肌が輝いている人は清潔な雰囲気があるので、相手に良い印象を抱かせることが可能です。ニキビに悩んでいる人は、ちゃんと洗顔することが不可欠だと言えます。
皮膚の代謝を改善するには、肌トラブルの元にもなる古い角質を取り除いてしまうことが必須だと言えます。美肌作りのためにも、適切な洗顔の術をマスターしましょう。
ボディソープを選定する際のポイントは、刺激が少ないかどうかだと言ってよいでしょう。毎日の入浴が欠かせない日本人の場合、外国人と比較してたいして肌が汚れることはありませんので、過剰な洗浄パワーはいりません。
入浴中にスポンジなどで肌を力ませに洗浄すると、皮膚膜が剥ぎ取られてしまって肌の中の水分がなくなってしまう可能性があるのです。お風呂で体を洗う際は、乾燥肌に陥ることがないように優しく穏やかに擦ることが大切です。
一日に補いたい水分量の目安はだいたい1.5L〜2Lとされています。人の体はほぼ7割以上が水で構築されていますから、水分が減少するとまたたく間に乾燥肌になってしまうので注意しましょう。
高いエステサロンに通ったりしなくても、化粧品をあれこれ使わなくても、丁寧なスキンケアを実践していれば、時間が経過しても輝くようなハリとツヤを感じる肌を保持し続けることが可能なのです。
ベースメイクしてもカバーすることができない加齢からくるブツブツ毛穴には、収れん用化粧水と明記されている毛穴をきゅっと引き締める効果が期待できる化粧品をチョイスすると効き目が実感できるでしょう。
芳醇な香りがするボディソープを選んで使用すれば、毎回の入浴時間が癒やしのひとときに早変わりします。自分の感性にフィットする芳香のボディソープを探してみましょう。
そんなにお金を消費せずとも、栄養バランスに優れた食事と質の良い睡眠を確保し、日常的に運動をやり続けていれば、徐々にハリツヤのある美肌に近づくことができるでしょう。
しわが目立つと言うことは、肌の弾力が弱くなり、肌に作られた折り目が定着したという意味だと理解していただきたいです。肌の弾力を元に戻すためにも、いつもの食事の中身を再検討することが大事です。
もし肌荒れが生じてしまったら、メイクを施すのを一度お休みして栄養分をたっぷり摂取し、夜はぐっすり眠って外側と内側より肌をケアしてください。
まじめにエイジングケアに取り組みたいという場合は、化粧品のみを使用したお手入れを継続するよりも、さらに上の高度な技術で完全にしわを消失させることを考えてもよろしいのではないでしょうか?
感染症予防や花粉対策などに欠かせないマスクによって、肌荒れを発症する方も少なくありません。衛生面のリスクから見ても、一度きりでちゃんと捨てるようにした方がよいでしょう。